妻 浮気

妻の浮気相手に制裁

妻の浮気が発覚したので相手に制裁して再構築。エビデンスが貧弱な状況で、奥さんの不倫を問いただしてとちった事例案内。音声録音機へ採録した奸夫とママのあえぎ声。

 

ママの態度が変化し、音声録音機をポーチに密かに入れたりしておきました。

 

翌日に確認してみると、奸夫と体の交わりをしているようね情事を重ねる声が聴こえてきました。

 

こういうのは確固たるエビデンスだと判断して奥さんに審訊してみたら、不貞を打ち明けました。

 

それなのに、いざ男へ慰謝料主張をしようとしたら、不意に言葉を曲げてしまったのです。

 

ホテルへ単独で休憩に入り、奸夫と共にではないと。

 

そういった言い訳は馬鹿げていると思いましたが、弁護士先生に相談に行ってみても、何てたって密会の現場をカメラで撮影するなど証拠に取っておかないと、訴訟面で確かな姦通の証左ではないとの返事。

 

妻の浮気と失敗例

 

嫁さんが車の助手席で奸夫と接吻していたのに・・・。

 

妻の帰宅があまりにも遅いので、職場に赴いてみたところ、案の定閉店していました。

 

パーキングエリアに上さんのカーがあり、なんとまあ男と口づけをしていました。

 

こちらは人事不省しそうになってしまいました。

 

怒り心頭のあまり、車のドアをオープンして大きな声で怒鳴りつけ、奸夫の名刺を開示させ、慰謝料求めをしました。

 

けど、1週間後に密夫の弁護士から書類が寄こされ、あなたがしてしまった言動は脅迫罪に相当するから、警察当局に被害届を提出すると宣告されてしまいました。

 

その上、車の後部座席で唇で愛撫したという事実だけだと不倫行為ではないので、不倫の慰謝料を渡す責務は無いというのです。

 

私としては尋常ではなく混乱しました。

 

嫁が誰かとディープキスしているのに、不倫に相当しないなんてふざけるなという心情でした。

 

最終的な結果としては、示談で済みましたが、私としては心残りな心情です。

 

妻の浮気への制裁方法

 

万が一上さんの姦通が発覚しても、自らで報復しないで下さい!。

 

理由としては、自分の言葉で制裁措置を加えようとすると、自らの立場が悪化してしまうからです。

 

相手に責めがあるからと言って、上さんを激しく叫んで叱責してしまった時には、家庭内暴力を評定されて離婚裁判に訴えられたときにとても立場が弱くなります。

 

荒々しいトーンで責められたので心の病を患ったと診断書を医師に書かれて、嫁が法廷に手渡してしまうケースもあります。

 

もしかすると、浮気相手のことを叩きのめしてやりたいと憤怒する男性もいるのは当然の気持ちですが、浮気相手に対して危害を加えると自分が罪人となってしまいます。

 

もしも乱暴を働かなかったとしても、激しく叫んで怒鳴り散らしてしまうと脅迫罪で逮捕されることもあります。

 

自分自身で懲罰を加えようとすると、如何にも情けない終わりになってしまうことが多い。

 

嫁と夫婦関係を取り戻して修復するためにはどうしたら最善なのか?。

 

もし奥さんが情事をしていたことが事実でも、どうにかしてワイフと生活を回復したいと考える旦那さんは多いと思います。

 

人生をかけて、この女性を愛し抜くと意思決定して成婚した女性ですから、赦してあげて、夫婦の仲を再構築したいと思うご主人は多いと存じます。

 

しかしながら、注意すべきは、女心を理解することです。


ダイエット ダイエット ダイエット ダイエット