妻 不倫

妻に不倫の疑いがあるとき

妻に不倫の疑いがあるとき。家内の行為が露骨によそよそしくなってしまって、妹背の連携が劣化してきたと痛感してきたら、絶えず携帯電話を操作するようになってしまって、食器洗いや育児をあらかたすることがなくなって、家を空けて外出することがしばしばになったとき。

 

奥さんの浮気が怪しい折りの処理メソッド。

 

上さんの密会が露見した後はまったく辛いですよね。

 

夫婦の肌の交わりが少なくなり、コミュニケーションができなくなってしまった。

 

夫との肌の交わりはつぶさにすることがなくなったにもかかわらず、露出の多い下着類がふんだんになってきて、色っぽい匂いを付けてファッショナブルな衣服で、深夜まで友だちと外出することがしょっちゅうになってきたとき。

 

男性としては、当然に浮気をしているとしか受け取れないのだが、裏付けも無いのに問いただしても言い訳される。

 

そうとは言っても、こんな状況のまま見過ごしていると自分自身が精神崩壊してしまう。

 

それに、息子にもわるい影響。

 

妻の不倫と対処方法

 

奥さんの不義がいぶかしい時は、明白な明確な証拠掴み取る。

 

確然たる裏書きを得るまでは、不倫を察しているということを暴露しない方がいい。

 

上さんは不倫をしているのかもしれないと怪しんだ時、概して奥さんが使用しているラインを点検して、密夫と怪しい会話のやり取りを行っているか、旅行の日程表があるかチェックしますよね。

 

または、ママが所有しているポーチにGPSを付けたりして、行く先を追いかけるようなこともされると思います。

 

それでも、それだけでは賠償面で法的に有効な不義の根拠と決めつけられないことを知っているでしょうか?。

 

こちらにとっては、ワイフが姦夫と不貞なLINEのやり取りをして、一緒に旅行に行きたいとか言い合っていたら、それはもはや不義と見なしたくなりますよね?。

 

さらには、家内の浮気が不審に思うからGPSで生活を追尾している最中に位置が宿泊施設で止まったら、憤ってしまいますよね。

 

しかしながら、訴訟面では「不貞行為」をしていなければ、姦淫とは決めつけられません。

 

姦夫と家内が性交していて初めて、司法的な立場から情事と判断されます。

 

裏を返せば、妻が密夫と体の交わりをしていないなら、不貞だと激しく詰問すると、あなたの立場が悪くなってしまいかねない。

妻 不倫記事一覧

妻の不倫発覚で半殺しするような制裁ではなく合法的な復讐。確たる証拠が不足である状態で、妻の姦通を問い詰めて失敗した案件案内。音声録音機へ収録した浮気相手と嫁はんの卑猥な声。上さんのスケジュールが異常になり、ボイスレコーダーをバックに忍び入れたりしておきました。後で確認してみると、密夫と情交をしているとしか思えない会話がしました。これはもう明白なプルーフだと見なして妻に審問したら、密会を承認しました...