妻 不倫 制裁

妻の不倫に制裁

妻の不倫発覚で半殺しするような制裁ではなく合法的な復讐。確たる証拠が不足である状態で、妻の姦通を問い詰めて失敗した案件案内。音声録音機へ収録した浮気相手と嫁はんの卑猥な声。

 

上さんのスケジュールが異常になり、ボイスレコーダーをバックに忍び入れたりしておきました。

 

後で確認してみると、密夫と情交をしているとしか思えない会話がしました。

 

これはもう明白なプルーフだと見なして妻に審問したら、密会を承認しました。

 

にもかかわらず、いざ浮気相手に対して慰謝料請求をしようとすると、ひょいと姿勢を変化させたのです。

 

宿泊施設に自分だけで宿泊し、密夫とペアではないと。

 

そういった言い逃れは通じないと受け止めましたが、弁護士に仰いでみても、詰まるところ密会の現場を写真撮影など記録に残しておかないと、裁判になった時に明白な不義の根拠と決めつけられないとの見解。

 

 

間男のことを打ちのめしてやりたいと激しく怒る方もいるのは自然な感情ですが、奸夫に損傷を与えてしまうと自分自身が犯罪者になってしまいます。

 

もしも肉体的攻撃を加えなかったとしても、慟哭して怒鳴り散らしてしまった時には脅迫罪で被害届を出される場合もあります。

 

自分で制裁措置を加えようとすると、実に惨めな終わりになってしまうことが大方である。